■2014年10月の書き込み
書き込み数は13件です。 [ 1 2 ]
2014年10月29日(水) 

所要で、九十九里の妙覚寺(伊能忠敬の菩提寺)へ行く途中

宮島池でトイレを借用した。

 

時刻的には昼食直後、

また、小春日和でもあったので

時も含めてすべてが停止しているような

静寂のじょうたいであった。

 


閲覧数545 カテゴリ季節の風景 コメント0 投稿日時2014/10/29 18:17
公開範囲外部公開
2014年10月28日(火) 

シルバーの就業で車を走らせていたら

山武杉の緑を背景にして

色づいたけやくケヤキの大木が目についた。

木枯らしに吹かれて枯れ葉が朝の光に照らされてヒラヒラと舞っていた。

まさにこの詩の風情!

 ♪金色の 小さき鳥の 形して ケヤキ散るなり朝日の森に

 

松之郷の神社の銀杏も色づいて輝いていた。

閲覧数583 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2014/10/28 20:50
公開範囲外部公開
2014年10月25日(土) 

   一昨日は、暦の上では「霜降(そうこう)」、間もなく「立冬」だ。 
 秋が一段と深まってきた。

 当地は、朝霜ではなく朝露が見られ、

 草花の色が一段と鮮やかになってきた。

 

 今日は、無風にして爽やかな快晴。

 ヒヨドリは姦しく鳴き

 モズもそれに合わせてキキキ

 

 シニアではあるが、

 そして、世情に関心のなく


閲覧数823 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2014/10/25 10:21
公開範囲外部公開
2014年10月21日(火) 

http://sammu-sns.jp/bbs/bbs_list.php?bbs_id=3&r…_key=12256

本日の午後から24日迄、松尾ふれあいセンターで開催されます。

 

多士済々な会員のプロも顔負けの作品が目白押しです、

 

[地図情報有り]
閲覧数777 カテゴリ日記 コメント1 投稿日時2014/10/21 06:01
公開範囲外部公開
2014年10月20日(月) 

今日は孫の七五三

 

七五三 先ずは祖先の 回向から

 

ジジババを 加え参詣 七五三

 

逆上がり 絵馬に託せし 七五三

閲覧数967 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2014/10/20 21:30
公開範囲外部公開
2014年10月19日(日) 

一週間ぶりのシルバーの就業で車を走らせた。

爽やかな晩秋の一日であった

隣邑の神社はお祭り

背高泡立ち草が満開

閲覧数912 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2014/10/19 18:35
公開範囲外部公開
2014年10月14日(火) 

台風一過

青空高く

風爽やかで

光も輝いて

 

風情がとっても心地よい。

 

もったいないので

カメラに記録した。

 

ついでに、プレスリーの曲をBGMにした動画にもし

大型液晶テレビの画面で楽しむことにした。

閲覧数1201 カテゴリ季節の風景 コメント3 投稿日時2014/10/14 10:42
公開範囲外部公開
2014年10月11日(土) 

県央道を通っていたら、


たわわに実り
色づいた柿が

 

車窓から目に飛び込んできた。

 

大急ぎで、近くのインターチェンジを降り

見つけたところに引き返し、
カメラで“バッシャッ!!!”

 

まさに、「里山の秋の象徴」然とした景観であった。

 

山柿や 五六果おもき 枝の先  飯田蛇笏


閲覧数786 カテゴリ季節の風景 コメント2 投稿日時2014/10/11 18:05
公開範囲外部公開
2014年10月08日(水) 

皆既日食と比較して

皆既の時間が思いの外長かったのは

地球が大きかったから・・・と認識しました。

 

孫(小1)に。これが地球の影だよとレクチャ~。

へ~そうなんだ~!

 

伊能忠敬さんは、日食や月食が何時なのかも

閲覧数1927 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2014/10/08 21:06
公開範囲外部公開
2014年10月07日(火) 

今日の月齢は13日

ということは、今日が正真正銘の「十三夜?」

 

500mmの望遠で撮影しました。

 

明日は皆既月食だそうですので、これが満月の見納め・・・かも?

 

でも、うがった見方をすると

これ「カラス瓜」のようにも見えませんか?

 


閲覧数886 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2014/10/07 18:45
公開範囲外部公開
[ 1 2 ]
■プロフィール
兵右衛門さん
[一言]
“田舎暮らしで哲学しようっと!”
■この日はどんな日
ほかの[ 05月30日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み