2,951万kW/3,547万kW (10/20 14:15)
83%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sammu-sns.jp/blog/blog.php?key=11723
2016年05月31日(火) 

先日も心がけについて、朝ドラからのセリフについて記事にしましたが、今日は「心映え」

心映えのよい、などと言いますね。

どういう意味なのかというと、

「心のありよう、心構え、主にその人の長所となるような気質や気性についていう。」

「心映えの「映え」はもと「延(は)へ」で、外に伸ばすこと。つまり、心のはたらきを外におしおよぼしていくこと。
そこから、ある対象を気づかう「思いやり」や、性格が外に表れた「気立て」の意となる。
特に、心の持ち方が良い場合だけにいう。」

 

美しい表現です。

 

心映えのよい行い、すぐれた心映え、心映えの良い人・・などという形で使われますね。

 

心映えのよい・・ 穏やかで、人を非難したりせず、しっかりした芯を持った人間でありたい。

 

人は、表情にその心持ちが映し出されます。人相を見るとだいたいどんな人間なのかわかります。

いらいらしたり、心が荒れているときには、表情も険しい顔になったり、眉間にしわをよせたり、一目でその人の心の中を映し出すように思います。

悪人はやっぱり人相も悪いですよね。(笑) 手配写真などを見ても、やっぱりその人の悪さがにじみ出ているようです。人を非難ばっかりしている人もしかり。

「我」を捨て、広い視野を持ってわだかまりを捨て、大きく廻りを見えるようになると、見えなくなっていたものも見えるようになるかもしれません。

 

胸のつっかえが取れて、穏やかな心を取り戻すと、表情も穏やかになりますね。

 

心映えの良い人でありたいものです。

 

 


閲覧数2,561 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2016/05/31 00:46
公開範囲外部公開
■プロフィール
紫の上さん
[一言]
企業を退職して、自由人となり、地域のために役立つ仕事をしようと日々…
■この日はどんな日
ほかの[ 05月31日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み