2016年10月08日(土) 

 

木曽路はどこもやまのなかと 書かれている通り千葉の山とはえらい違い 馬籠宿、妻籠宿、奈良井宿と散策し 御嶽山ロープウエーにも登り城西同級生9名 台風一過の不思議に天気の良い楽しい旅を過ごす事が出来ました 写真には有りませんが 松本城天守にも登ることが出来 八日会の旅行 来年も計画してどこかに行こうと話しあいました。

 

 


閲覧数3,149 カテゴリアルバム コメント8 投稿日時2016/10/08 13:35
公開範囲外部公開
コメント(8)
時系列表示返信表示日付順
  • 2016/10/08 19:08
    おそろいのポロシャツ!
    次項有
  • 2016/10/08 21:07
    鉛筆G Gさん
    > モーグリさん
    衣料品を取り扱っている人がいるので 制服替わりに作りました それでも各名所の売店に勝手に入るので 集合には目立って効果有り そしてどこに行っても、道々、何の団体ですか?だって
    爺さんばあさんなのに 何度か素敵、可愛いだって
    みんな仲が良く見えたのですね 本当楽しかった!
    次項有
  • 2016/10/08 21:31
    浜砂さん
    楽しい同窓会旅行で良かったですね。
    馬籠郵便局ポストありがとうございました。
    どれもみないい写真ですね。羨ましいです。
    ありがとうございます。
    次項有
  • 2016/10/08 21:56
    鉛筆G Gさん
    > 浜砂さん
    何気に歩いていたら構図の良いポストを見つけたので 思わずパチリと写しました 喜んでくれて嬉しいです 仲の良い面々で楽しいプチ旅行でした。
    次項有
  • 2016/10/08 22:15
    千葉県人の方に、山に行ってくるね。と言われ、どこの山に行くのかなと、不思議に思っていると、なんと丘陵地に杉の林、そこを山と言っているらしいと、気づいたときは、あまりにも私の育った地域の山と違うことに、びっくりしたものです。
    次項有
  • 2016/10/08 23:26
    鉛筆G Gさん
    > もっちゃんさん
    あづさ三号で松本の次に降りた駅が 南木曾駅
    これを“なぎそ”駅と読むのですって 駅も千葉では考えられない両側高い山の谷の中でした 東京生まれのGGには千葉の低い山も山と思っていました、山深い木曾にはGGはとうてい住めません でも、そこかしこ家が有るのです 旅行で訪れるだけで充分と言う感じでした。
    写真は南木曾(なぎそ)ホテルの窓の外 山また山の景色です。
    次項有
  • 2016/10/08 23:19
    おそろいのユニホーム、木曽路を行く。
    さぞかし、たのしかったでしょうね。♪♪♪♪♪♪♪♪。
    次項有
  • 2016/10/09 08:35
    鉛筆G Gさん
    > だんじりさん
    上下 同じスタイルだと不思議に意気投合します
    皆さん余裕度が有るのでしょう、楽しいまとまりの有る友です。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
G Gさん
[一言]
不戦の気概を心に刻みましょう  (^o^)
■最近のアルバム
■最近のファイル
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このアルバムのURL
http://sammu-sns.jp/blog/blog.php?key=11984