2017年02月13日(月) 

 

 

この季節、絶滅危惧種 日本うなぎの稚魚 しらす漁が厳寒の真夜中に海岸の浅瀬で

行われています。 

 マリアナ海溝で生まれ 黒潮に乗り日本の良質河川をめざし、河口付近でさまよっている

稚魚を丁寧に捕獲し、養殖業者さんへ届ける漁です。

4時間に近い漁を2分間にまとめました。 漁師さん以外方の漁はできません。

 


閲覧数787 カテゴリアルバム コメント6 投稿日時2017/02/13 12:26
公開範囲外部公開
コメント(6)
時系列表示返信表示日付順
  • 2017/02/13 13:32
    浜砂さん
    貴重な映像を見せていただきました。
    大漁の収穫で良かったですね。
    ありがとうございました。
    次項有
  • 2017/02/13 15:32
    > 浜砂さん
    やはり この季節寒風にさらされること3時間以上・・シャッターを切る手も凍えました。
    次項有
  • 2017/02/13 16:28
    ウナギの稚魚もしらすというのですね。サイズは、大きいのかしら?
    凍えんばかりの中の撮影ありがとうございました。
    次項有
  • 2017/02/13 17:45
    > だんじりさん
    シラス、とは イワシ・アユ・ウナギの稚魚で4~5cmが該当します、一般に販売されているシラスは殆どイワシのようです、特にウナギのシラスは超高級で市販に出ることは無いようです。
    次項有
  • 2017/02/14 17:49
    はぜさん
    ウナギの味を忘れてしまいそう・・・>
    貴重な自然のウナギ稚魚漁によって
    数か月後お高いウナギの蒲焼に変身するのですね
    この極寒を体感したGOGOさんなら 納得価格ですね
    次項有
  • 2017/02/14 18:38
    > はぜさん
    河口で捕える うなぎの稚魚は 0.2g程度 養殖場で1年掛けて200gに育て、市場へ出荷 日本産うなぎの うな丼美味しいですよ。
    年に一度食べれば上々です。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
GOGOおやじさん
[一言]
スポーツ大好き人間です
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このアルバムのURL
http://sammu-sns.jp/blog/blog.php?key=12146