2017年09月04日(月) 
 ―エピローグ―
DMZ(非武装地帯)近くに位置するアメリカ海兵隊が駐屯するコンティンは67年2月からNVA(ベトナム民主共和国)の攻撃を受け9月には大規模な砲撃を開始した。 152mmの砲弾、120mmと82mmの迫撃砲と122mmのロケットが毎日ベースを襲った。
絶え間ない砲撃とNVAの攻撃により海兵隊は大きな犠牲を出しDMZは別名『デッド・マリーン・ゾーン』と呼ばれるほどであった。
コンティンに包囲されている海兵隊救出のためベトベト地区では混成部隊が結成され救出作戦が開始された。
果たして混成師団の運命やいかに!

 ■主催 ベトベト実行委員会
 ■日時 平成29年9月9日&10日(土日) ※申し込み締め切り9月3日
 ■場所 千葉県四街道市吉岡1132 キャンプビレッジワン

 ※BB弾はフィールド指定があります。当日ビレッジワンで販売しますので持ち込みのBB弾は使用禁止。

 ゴミは全て持ちかえりですのでゴミ袋のご用意をお願い致します。

 ■タイムスケジュール
 土曜日 開場 12時
     前夜祭 17時
 日曜日 起床 6時
     開会式 8時
     戦闘開始 9時
     昼休戦 12時ころから1時間
     特殊弾薬戦 15時ころ
■参戦方法
エントリーは南側、北側、所属師団、部隊などご自由にお選び下さい。
師団、部隊ごとの部隊行動を実施しております。パッチが無くても構いませんので参加師団を決めてご応募下さい。
基本的に師団ごと振り分けますが、主催者側の判断による部隊編成を行いますのでご了承下さい。
また、南北の寝返りは人数の把握が面倒臭いのでやめて下さい。
参加表明の際には、チーム名(個人参加の場合はいりません)、代表者名、連絡先、人数、参加部隊をご記入の上メールにてお申込下さい。

■勝利条件
南側:南ベトナムを共産主義の魔の手から守る事。
北側:南ベトナムから米帝国主義者を追い出し、傀儡政権を倒し南北統一を果たす事。
※通常のサバイバルゲームではなく、あくまでヒストリカルゲーム(歴史再現)ですので勝敗はありません。

■作戦行動
南側は10名程度による分隊単位で作戦行動を行います。部隊編成及び分隊長はCPから任命します。
分隊長はCPからの作戦指示により分隊を指揮して下さ い。作戦指示は戦闘のみではなく、LZの建設、拠点防衛、パトロール、友好地域への援助行動、など多岐に渡ります。
分隊は隊員の半数が重症、又は分隊長が重症となった場合は作戦行動不能となります。無線連絡の上CPへ帰還して下さい。
部隊再編成を行った後、再出動となります。

■分隊長の役割
分隊長はCP(司令部)からの指示通りに分隊を行動させる事です。
部下をヒストリカルの世界に導くため生活態度に乱れのある隊員は厳しく律して下さい。
作戦行動時には常に隊員の負傷状態、分隊の状況把握、地図上のポイントの把握に努めて下さい。
作戦終了または作戦失敗時はCPに出頭し作戦結果、隊員の負傷者数を報告して下さい。
あまりに作戦行動に支障のある分隊長は更迭する場合もあります。

■メディックルール
戦闘により被弾した場合、メディック(分隊に対し1名を配備)の治療によって復活する事ができます。
被弾した者は負傷者としてその場から動けなくなり、戦闘行為もできません。
その場で待機し(しゃがんで下さい)味方に手を繋いでもらう事により移動が可能です。
負傷者は仲間と手をつなぐまでは、『メディーック』と叫びつづけて下さい。ベトナム人は『バクシィー』です(ベトナム語でお医者さーんの意味)
敵の負傷者をワザと撃つのはやめて下さい。負傷者を盾にするのもダメです。 負傷者はメディックに包帯(白テープ)を頭に貼ってもらい水筒から 水を飲ませてもらう事により復帰できます。
治療による復活後、2度目の被弾で重傷者となり、戦闘、自力での移動が不可能になります。

●MIA(捕虜)
負傷者は味方に救出される前に敵に捕獲された場合MIA(捕虜)となり拘束されます。捕虜になった場合は敵の指示に従って下さい。
基本的に本部に連行されますが、部隊の作戦行動に支障をきたす場合は、射殺される事もあります。
捕虜はジュネーブ条約に沿った扱いをし、10分後には解放してあげて下さい。

●重傷者
頭部、胸部に致命傷を負った場合(自己判断)。
メディックの治療後2度目の被弾。
以上 は重傷となり行動不能となります。
「I dont wanna die アイドンワナダーイ」など死への恐怖を叫び、血糊付きデッドマーカ―を顔面や体に巻いて下さい。
ベトナム人は「Chet roi チェッ(と) ロイ」「チョーヨーイ」と呟き静かに死んでいって下さい。
重傷者は自力での移動はできません。仲間の肩を借り部隊の行動に添います。戦闘行動は勿論、会話もできません。
RTOが重傷の場合、交代は認めますが、分隊長が重傷の場合は作戦行動不能となります。
また、重傷になり仲間にも敵にも気付かれない場合は出血多量として両手を上にあげCPまで戻って下さい。
※分隊行動を取ってますので行方不明者と出した分隊長は叱責されます。

●弾数制限
南北共通200発ですが、使用火器の装弾数(M16なら20発、AK47なら30発)を超えた際はマガジンチェンジを行うフリをし、コッキングレバーを引いて装填して下さい。また、片手撃ちなど実銃で不可能な行動は不可とします。
※リアルカウントマガジンを推奨します。

■特殊ルール
共産側の復活方法は人数比により簡略化する場合があります。
サバゲではございませんので「ゾンビだ!」などと低レベルな考えは持たず人数比の解消のため ご了承下さい。

■未成年者
条例により18歳未満のエアーソフトガン(0.135J以上)の所持は禁じられていますので
保護者、監督責任者が同伴の場合でも18才未満のエアガンの所持を禁じます。
ただし、エアガン以外の銃器(デコガン、パンパン鉄砲、爆竹など)は使用できます。
銃を装備しなくても通訳、荷物持ちのヤード、村の子供やコーラ売り、靴磨きなどで参加する事ができます。
過去には手榴弾を隠し持った8歳のコーラ売りの少年​に分隊が全滅した事例もあります。
■怪我、盗難等
フィールド内外を問わず怪我、病気、紛失、盗難等は自己責任として対処して下さい。
万一発生した場合、主催者側では一切関知致しません。
■緊急連絡先
チームリーダーの方は参加者の緊急連絡先を必ず確認しておいて下さい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現在の参加者人数 9月5日 現在

南側参戦者

第1歩兵師団     チーム獺 1名、ウィリアムズ 1名、     
第4歩兵師団     
第25歩兵師団    James.H.Nichols 1名、ルイト 1名、イサカ 1名
第1騎兵師団    東京湾飛行騎傘クラブ 7名、 マシヤマ 1名
第101空挺師団    キー  1名、モト 1名、 
第173空挺旅団     
第196軽歩兵旅団  
合衆国海兵隊     INTER MEZZO 1名、MMC 5名、ラッセル 1名、Whisky 5名、
        シエラブラボーフォー 5名、ケリー 1名、マーフィー 1名、アル中 1名    
同盟国軍    歌舞伎町ハニトー会(AUS) 7名、一人韓国軍(KOR) 1名、
ベトナム共和国軍   RVN’s 5名、クライネ 1名、デスボランティア 1名、ARVN 1名、
その他          TEAM PLATOON(SEAL) 2名、関東SEALチーム 4名、SSGA 3名、     モーレツエアモービル 1名、(従軍記者)
ベトナム軍事援助司令部 MMC 1名
計 60名
------------------------------------------------
北側参戦者

南ベトナム解放民族戦線  キノシタ 1名、ラク1名、チーム半開き 2名、AIR TAAN 1名、BADGUY’S 4名、INTER MEZZO 9名、GREEN DRAGON 2名、コバ&オクマギ 2名,モーレツエアモービル 5名、Whisky 1名、おっしー丸 1名、SSGA 3名、

ベトナム民主共和国軍   ​タラバ分隊 4名、さたけ 1名、グィムレー 1名、義遊軍 1名、珈琲ウォッカ 3名、     
その他                 
計 42名

閲覧数471 カテゴリ日記 コメント5 投稿日時2017/09/04 16:37
公開範囲外部公開
コメント(5)
時系列表示返信表示日付順
  • 2017/09/06 09:20
    鉛筆G Gさん

    拷問や虐待の再現に関して... ベトベト実行委員会
    sNS上で捕虜拷問や虐殺に対して意見があがってますので
    ベトベトとしての総括をさせて頂きます。
    論点としては残酷な行為を面白おかしく取り上げている部分の是非ですが正論だと思います。
    ただし『戦争ゴッコ』自体が残虐な行為の再演です。
    ベトベトを続けるにあたり当初から理念としているのは参加した人が“戦争って嫌だな”と感じて欲しいのです。
    アジアの密林に派遣され、重い荷物を持ち何十キロも歩かされ、穴を掘り泥のなかで眠り、
    援助しようとおもった人民から恨まれ命を狙われるなんてとんだブラック仕事です。

    ビレッジ1ムページ
    http://www.village-one.org/

    ベトベトマニアのホームページ
    https://www.viet-viet.com/information
    次項有
  • 2017/09/05 20:51
    北朝鮮が攻めてきたのかなと思いましたよ。
    危なくはないのですか?
    次項有
  • 2017/09/05 21:45
    鉛筆G Gさん
    > だんじりさん
    CP(司令部)から無線でどこどこの村に行くようにの指令で分隊(10名)単位で行動するのですが、途中共産軍の襲撃が有り、それはそれは怖いです、遊びとは言え不思議なものです、命を懸けた本当の戦争には絶対行きたくないですね、死ぬ事はありませんが、怪我には十分注意しています。
    次項有
  • 2017/09/04 17:04
    浜砂さん
    全体的にはよくわかりませんが、日時・場所・開始時間・参加人員など一部分的には理解できるところはあります。
    前夜祭もあるよですので楽しそうですね。
    夜は野宿でしょうか?
    蚊がいたりして大変でしょうね、ご苦労様です。
    次項有
  • 2017/09/04 17:19
    鉛筆G Gさん
    > 浜砂さん
    GGも、初めは、何がなんだか分からずに参加しましたが、要は、ある場所、ある作戦など再現して遊ぶと言う、時代絵巻なのです、それがたまたまベトナムのジャングルだったのです、最近はヒアリやヤマカガシ、蚊は当然の事、戦闘中は刺され放題です、楽な遊びで無い事は確かみたい。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
G Gさん
[一言]
不戦の気概を心に刻みましょう  (^o^)
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み