2,647万kW/4,006万kW (09/23 08:25)
66%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sammu-sns.jp/blog/blog.php?key=12525
2017年12月13日(水) 

https://naojcamp.nao.ac.jp/phenomena/201712-geminids/

国立天文台のサイトです。

こちらに詳細が出ています。

 

「今年のふたご座流星群は、12月13日の夜に最も多くの流星を見ることができると予想されています。また、その前後の夜も多くの流星を見ることができそうです。いずれの夜も、20時頃から流星が出現し始め、22時頃から本格的な出現となります。流星の出現は明け方まで続きます。

今年は、夜空が暗い場所で観察すれば、最も多いときで1時間当たり40個程度の流星を見ることができるかもしれません。」(国立天文台のサイトより)

 

ということなので、晴れて空気の乾燥している関東では、見れる確率が高いですね。

 

写真を撮るとしたら、三脚をたて、露出を開放にして、時間をかけてゆっくり撮る感じですね。

さて、今夜は流星群、うまく見れるでしょうか。


閲覧数3,447 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2017/12/13 11:40
公開範囲外部公開
■プロフィール
紫の上さん
[一言]
企業を退職して、自由人となり、地域のために役立つ仕事をしようと日々…
■この日はどんな日
ほかの[ 12月13日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み