3,986万kW/5,490万kW (12/16 16:25)
72%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sammu-sns.jp/blog/blog.php?key=1985
2011年05月12日(木) 

広島帰省シリーズ最後は、鞆の浦です。

 

鞆の浦(とものうら)は、広島県福山市鞆町の沼隈半島南端にある港湾およびその周辺海域。

国立公園として最初に指定された地区のひとつである(瀬戸内海国立公園)。鞆の浦に含まれる島には仙酔島、つつじ島、皇后島、弁天島、玉津島、津軽島があります。仙酔島などは、仙人も酔ってしまうほど美しいことから仙酔島と名付けられたと言われています。確かに、対潮楼といわれる福禅寺(ふくぜんじ)から望む、仙酔島や弁天島の景色はとても美しいです。

創建は平安時代の950年頃、空也による創建と伝えられ、現在の本堂と隣接する客殿(対潮楼)は江戸時代の元禄年間(1690年頃)に建立されたそうです。

江戸時代を通じて朝鮮通信使のための迎賓館として使用され、日本の漢学者や書家らとの交流の場となったらしい。その証拠にこのお寺さんには、坂本竜馬をはじめとする多くの幕末に活躍した人々の写真がありました。鞆の浦の町には、竜馬が滞在した宿の跡なども残っています。

 

新しくは、宮崎駿が「崖の上のポニョ」の構想を練った町で、街中にポニョの水盤があったりします。写真にも撮りましたが気が付きましたか?

 

街並みはとても趣があって、今回は両親とともに日帰りのドライブでしたので、あまりゆっくり見ているわけにはいかなかったのですが、もう一度ゆっくり訪れたい場所となりました。

ただ、この町は以前テレビのニュースでも話題になったように、鞆町の活性策として1983年に港の一部を埋め立てて道路と公園を整備する構想が広島県から公表され、反対運動などから凍結されていましたが、2004年にまた実現に向けて動きだし、景観か開発かの選択でいまだ揺れているそうです。

できれば、あの景観は残してほしいと思うのは写真をやっている人間だけではないと思います。

 

シリーズ最後なので、Movie Makerにしてみました。

うちの両親が後ろ姿ですが登場しています。(^^;;

私のお気に入りは、窓辺の美女 です。(笑)

猫が多いのか、いたるところに猫の絵が登場していました。路地をのっそり猫が歩いてくれないかな~とカメラを構えていたのですが、残念ながらカメラの前には登場してくれませんでした。


閲覧数3,118 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2011/05/12 23:41
公開範囲外部公開
■プロフィール
紫の上さん
[一言]
企業を退職して、自由人となり、地域のために役立つ仕事をしようと日々…
■この日はどんな日
ほかの[ 05月12日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み