4,128万kW/5,402万kW (07/24 18:30)
76%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sammu-sns.jp/blog/blog.php?key=2082
2011年05月25日(水) 

わが紫号は、車検でドック入りです。

ご帰宅は金曜日くらいかな。

 

紫号のスペック

Mustang GT California Special

実は日本に50台しかない限定車だった。

4.6L(リッター)V型8気筒エンジンを搭載

オリジナルの「GT カリフォルニア・スペシャル」は、1968年にカリフォルニア地域でハードトップ向けパッケージとして販売され、マスタングファンの間で高い人気を得たモデルです。2008年に発売されたモデルはこの当時のモデルの復刻版と言われており、シートデザインや、ロゴなど当時のデザインが受け継がれているそうです。

 

駆動方式 :2WD(FR)
トランスミッション: 5AT
全長×全幅×全高(mm) 4765×1880×1385
ホイールベース(mm) :2720
車両重量(kg) :1620
乗車定員(人) :4
エンジン種類 :V8 SOHC
総排気量(cc) :4606
最高出力[kW(ps)rpm] 224(304)/5750
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm] 433(44.2)/4500
10・15モード燃費(km/L) ー
ガソリン種類/容量(L) レギュラー/60 

まあ、アメリカ車ですから、わりとおおざっぱに作られていますが、歴代のマスタングでは一番よくできているかなと思います。現在は、マイナーチェンジモデルが出ており、この限定車ではできなかったいくつかの細かい点が改良されているのですが、デザインは現行モデルよりも紫号のが好きです。

 

この写真は海外仕様。日本仕様はどうしても許せないリアバンパーにオレンジのウィンカーがくりぬかれてついています。日本の法律(道路運送車両法)があるので、こうすっきりなデザインとはいかないのです。ぶつぶつ・・

ウィンカー部分を改造するとできるみたいですけど、バンパーまるごと変えないといけないのでそこまでの根性はありません。。。

 

 
リアにあるエンブレム。

 

無事に車検から帰ってきてね。。(^.^)/~~~


閲覧数2,385 カテゴリ日記 コメント9 投稿日時2011/05/25 01:55
公開範囲外部公開
■プロフィール
紫の上さん
[一言]
企業を退職して、自由人となり、地域のために役立つ仕事をしようと日々…
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み