3,329万kW/3,951万kW (10/22 15:45)
84%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sammu-sns.jp/blog/blog.php?key=42
2010年08月09日(月) 

日曜日、東金でさんむフォレストさんのイベントで積木大会とサンブスギの住宅の住まいかた講座に出てきました。



子供たちが積木を本当に楽しそうにやっているので、ついつい私もやってみたくなって、散らばっている積木をいくつか集めてちょこちょこ作っておりました。
でも大人の発想ってまあそこそこな感じがしますが、子供の発想力って、すごいんですね。
できあがったものを見ると、驚きの連続。

※お子さんの顔はソフトフォーカスをかけてあります。ご了承ください。

これは何?って聞いてみたら、大人が子供になる機械・・だそうな。入ってみたいゾ!!(^0^)/

ものを組み立てる、重ねる、形作る、造形する・・・ってかなり脳に良い感じがします。ものを立体的にとらえるというのか、平面的ではなくて立体的にものを見ることってほんとに大事なんだと思いました。

女の子二人の大作。彼女たちのお城なのでしょうか。

お城とそのまわりの街の様子が作られています。これは思わず目を見張るものがありました。

少女の夢、とでもタイトルをつけた作品となるのでしょうか。(^-^)/


閲覧数8,491 カテゴリ日記 コメント6 投稿日時2010/08/09 02:39
公開範囲外部公開
コメント(6)
時系列表示返信表示日付順
  • 2010/08/10 11:06
    小島さん、一日お付き合いいただいてありがとうございました。素敵な写真とコメントにも感激です。
    コーディネーターのお仕事は大変です。我々がもう少し協力的にならなければと思いますが、ガンコに市民活動をしている人たちは、主張したいことをたくさん持っていますからね。ご苦労をおかけしますがよろしくお願いいたします。
    次項有
  • 2010/08/11 09:26
    ヒ―ロ―です。

    ほのぼのしたニュースありがとうございます。

    子どもの発想は素晴らしいですね。
    不純物が入っていないからだと思います。
    大人も柔軟な発想が必要です。

    もっと、夢を語り合いたいですね。
    次項有
  • 2010/08/13 17:01
    鉛筆紫の上さん
    > 稗田 忠弘さん
    私ができることは、皆さんの活動現場に行って取材して広報することかなと思いますので、どんどん現場に出たいと思います。会議室にいるより楽しいですし・・(^^;;
    この事業が終わっても、このような広報手段があると、各団体さんが自主的に情報発信ができるようになりますから、なるべくこの事業が終わるまでには皆さんが使えるようになってもらいたいなあと思っております。
    次項有
  • 2010/08/13 17:03
    鉛筆紫の上さん
    > ヒーローさん
    大人は現実ばかりの世界になってしまうと、夢を忘れてしまいます。小学生の男の子の作った大人が子供になる機械って、まさしく子供の頃の夢を忘れている大人にとって、必要な機械だと思いませんか?(^-^)/
    次項有
  • 2010/08/16 11:30
    子供の想像力って
    「参った」
    と思わされることが多々あります
    次項有
  • 2010/08/16 11:32
    鉛筆紫の上さん
    > ももたろうさん
    ほんとですよね~。
    この創造力をもっともっと伸ばしてあげたいものです。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
    ※画像に表示されている文字を入力してください。
■プロフィール
紫の上さん
[一言]
企業を退職して、自由人となり、地域のために役立つ仕事をしようと日々…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み