■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sammu-sns.jp/blog/blog.php?key=4288
2012年03月10日(土) 

明日は房総沖で発生した大きな地震を想定し、主に海側の地域の津波避難訓練が行われます。

避難訓練の目印の旗です。地域再生協議会の方々や地域のボランティアさんなどがサポートしています。

 

 

図の上部は北(山側) 下が海側になります。

 

道路の通行状態や避難の実情などを調査しています。

 

明日は、津波避難訓練ですが、房総沖での大地震となると、九十九里地域が大きな被害を受ける可能性もあります。明日は、それぞれが防災に対して、もう一度見直し、家族との連絡方法、避難グッズの確認、防災無線のチェック、避難所までの経路確認(どのようにたどり着くことができるか、時間がどのくらいかかるか・・など)、それぞれがそれぞれの地域で、家族で、3.11を思い起こしてみてはいかがでしょうか。

時間帯によって、避難の仕方や周りの様子も全く違います。近所に声をかけあって、しっかり訓練しておきましょう。

今回は3.11後最初の訓練。これを機会に、注意すべきこと、修正すべきこと、もっと地域で確認しておかなければいけないことを洗い出し、第2回、第3回と繋げて行ければよいのではないでしょうか。

 

訓練の詳細は、ファイヤーマンひらさんが書いてくださっています。

http://sammu-sns.jp/bbs/bbs_list.php?root_key=4715&…1330049973

 

 

 

 


閲覧数2,023 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2012/03/10 17:58
公開範囲外部公開
コメント(4)
時系列表示返信表示日付順
  • 2012/03/10 20:52
    油断ならぬ敵にやられない為には
    自分の身を安全なところに運ぶだけですね。。。
    避難訓練は是非参加して自分の体に覚えさせて下さい。。。
    次項有
  • 2012/03/11 10:12
    鉛筆紫の上さん
    訓練は何度やってもいいと思いますね。
    私は今日は山武じゃなくて、幕張で液状化で壊れたところの修復説明会。自治会としてどう対処する・・みたいな結構重いお話です。NHKの津波映像を見ていて、このレベルが来たらもう沿岸部に住む私は逃げられないなあと溜息・・マンションの強度を信じるしかない・・という感じです。
    次項有
  • 2012/03/11 12:52
    鉛筆紫の上さん
    今日は山武に取材に行けずに、地元で液状化対策でどたばたしておりましたが、Facebookで山武の避難の様子があがっていたので、チェックしてきました。

    校庭に避難誘導・・ないですよね、実際のときは。必要ないと思います。混乱したら実際のときも混乱するということです。校庭から屋上へ・・通常はそうなるでしょうね。屋上へあがるルートがみんなわかっているのかな?とちょっと思いました。実際のときには誰も誘導なんてできない。自力で見つけるしかないんです。・・・・・・
    まだまだ・・避難訓練これからですね。準備した避難訓練ではなくリアルな想定の避難訓練を考えたほうがよりためになるのではないかと思います。今回はまず「逃げること」これだけなんじゃないでしょうか。
    次項有
  • 2012/03/11 17:50
    鉛筆紫の上さん
    またしても自己レスです。

    車の誘導・・迅速に多くの人を避難させるには、避難場所で誰かが誘導する、というしくみを作っておいたほうが良いのかも。。と冷静に考えてみると思いました。車が入ってきたら、左側から寄せて、全員が左から降りる・・みたいなルールを作っておけば、より早く車が入ってきたら整然とつめて入れてぶつからずに降りられる。。そんなことをお昼を食べながら考えておりました。
    自力で避難、そして自分に余裕があれば他者を助けながら、もっと余裕があれば避難所で誰も避難所の誘導や管理ができないなら、多くの人たちを助けるための活動を・・こういう優先順位でより多くの人の生命を守ることが必要なのかも・・・いずれにしても、まだまだ試行錯誤が必要なのでしょうね。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
    ※画像に表示されている文字を入力してください。
■プロフィール
紫の上さん
[一言]
企業を退職して、自由人となり、地域のために役立つ仕事をしようと日々…
■この日はどんな日
ほかの[ 03月10日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み