3,489万kW/3,993万kW (10/16 11:25)
87%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sammu-sns.jp/blog/blog.php?key=6699
2013年01月23日(水) 
渋谷・青山通りをまたぐ歩道橋のひとつ。いつもよく通る慣れたルートの数メートル先、旧・東邦生命ビル(現・渋谷クロスタワー)の2階テラスの南側フェンス前に、26歳の若さで亡くなった歌手尾崎豊のメモリアルプレートがあった。

歌碑の周辺は尾崎豊を慕うファンが訪れては記念に残す書き込みでいっぱい。青山学院高等部に在籍していた尾崎(1984年1月に同高等部を退学)がこの場所から渋谷の街に沈む夕陽を好んで眺めていたことから、1995年にこの場所に設置され、ファンからは聖地のひとつとしてよく知られている。

JR渋谷駅東口から首都高速の架かった246号の緩い坂道を100m少し進むと六本木通りと青山通りに分岐、その場所に建つのが32階建ての渋谷クロスタワー。青山通り側にある歩道橋から直接2階テラスにはいれる。

ときどき、カラオケで尾崎豊のナンバーを披露しては顰蹙をかうこたつ。「おざきゆたか」と「わさきひろし」はわりとゴロが似ているのに許してはもらえません(笑)。悔しいから、この時だけは尾崎豊になりきって、渋谷の風景に溶け込んでみた♪

閲覧数2,282 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2013/01/23 16:12
公開範囲外部公開
コメント(4)
時系列表示返信表示日付順
  • 2013/01/23 20:30
    尾崎豊、生きていれば、何歳になるんだろう。もう、息子がデビューするぐらいだから。
    私も今でも時々尾崎ナンバーを車で聞きます。ボリュームいっぱいにして。
    青学の近くで私も学生時代を過ごしました。懐かしいです。
    次項有
  • 2013/01/24 07:10
    1965年11月29日生まれですから、45歳になられるのでしょうね。生きていれば、きっと心の奥底に共鳴する素晴らしい楽曲をもっともっとたくさん世の中に残してくれていたでしょうに..。とても残念です。
    次項有
  • 2013/01/24 12:18
    紫の上さん
    こたつさん・・・( ̄▽ ̄)

    尾崎豊、生きてゆくにはあまりにも心がストレートすぎたのでしょうか。でもあきらめずに生きていてほしかったです。
    葬儀のとき、大勢のファンが集まった映像、昨日のことのように思い出されます。
    次項有
  • 2013/01/24 13:07
    > 紫の上さん
    ほんと、まっすぐすぎたんでしょうねぇ。
    久々にCDを聴いてみたくなりました。
    自分の気持ちをリフレッシュするために..(^^)
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
    ※画像に表示されている文字を入力してください。
■プロフィール
こたつねこさん
[一言]
地域を元気にする情報化に貢献したい!
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み