3,631万kW/4,777万kW (06/22 17:50)
76%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sammu-sns.jp/blog/blog.php?key=992
2011年01月17日(月) 

1月17日・・

16年前、神戸で未曾有の大地震が起こり、多くの人々の命を奪いました。

 

当時、私は前日神戸に出張でおり、その足で広島に移動でした。

広島で神戸の地震のニュースを知り、驚愕したものでした。

前々日の神戸の海に、低い雲が流れていたのをおぼろげながら覚えています。

地震雲??

 

神戸には、親戚や、顧客、幼馴染、同級生・・・

たくさんいましたので、安否確認で大変だったことを思い出します。

宝塚にある親戚の家は、壁に亀裂が入り棚にあったものが落ちて床は割れ物だらけ。。

片付けに行ったとき、何が起こってしまったのかと、身震いしたものでした。

京都の家でもかなり揺れたと言っていました。

でも。。

 

実際の地震の揺れに遭遇した人たちのことを考えると、その時の恐怖はいかばかりのものか。。

 

山武SNSの親である、兵庫県の「ひょこむ」は、その災害復興・復旧の気持ちが基礎にできあがったSNS。

千葉も地震の多いところです。

 

もしも地震がきたら・・・

 

神戸から学ぶものも多いと思います。

 

防災の日は9月ですが、1月17日は、地震のことをもう一度考えても良いのではと思います。

 

水、ガス、電気・・ライフラインが止まったら、さあ、どうしますか?

 


閲覧数3,275 カテゴリ日記 コメント8 投稿日時2011/01/17 09:43
公開範囲外部公開
コメント(8)
時系列表示返信表示日付順
  • 2011/01/17 16:14
    pulsar-xxさん
    神戸の震災はねぇ・・・一言でコメントを書けるほど、
    思いが少なくないの・・・。

    家族や、すぐ近くにいる人達と、分け合い・協力する
    他、ないのですよねぇ。。。
    次項有
  • 2011/01/18 00:49
    神戸の大地震は覚えています。
    当時、TTCに出向していましたが関西から出席する企業も多かったので私が担当する委員会を開催するところではありませんでした。
    私の住んでいるみずほ台では毎年、自治会が主体となって防災訓練をしています。防災会の担当者はこう言っていました。「地震が起こった時に水や食べ物をことを考える前に、自分で防御できることをしよう。神戸大震災で亡くなった人の大半は家具の倒壊に拠る」。そのことを聞いて我が家では家具、食器棚、冷蔵庫等は「つっかい棒」で倒れないようにしている。
    地震は起こらないかもしれないが、起こってしまったら取り返しがききません。
    次項有
  • 2011/01/18 15:36
    鉛筆紫の上さん
    > pulsar-xxさん
    そうですよねえ。。
    あの光景は今でも忘れられません。。。

    近所の絆、とても大事なんだとあのときに思いました。
    次項有
  • 2011/01/18 15:38
    鉛筆紫の上さん
    > ヒーローさん
    地震のとき、家具や家電製品がびっくりするほど飛んできたと言っていました。
    なんでもないものが、大きな凶器になってしまいます。日頃のそなえが大切なんですね。
    次項有
  • 2011/01/19 21:55
    ニュースで見て驚愕したのを覚えています。毎日、毎日悲惨な報道、犠牲者の数がどんどん増えて行く…

    我が家がここへ越して来た時、3件隣の方に去年、この地域では珍しいくらいの大きな地震があって大変だったのよ! うちなんか外壁にヒビが入ってしまって…ここは山の上でポンプで水をくみ上げてるから停電すると水も止まってしまい、
    給水車にお世話になったのよ。○○子ちゃんのママ、当時妊婦さんだったから皆で水を運んであげたのよ。と話していたのを思い出しました。
    やはり、ご近所の助け合いは欠かせないようです!
    次項有
  • 2011/01/26 21:13
    水田さん
    早いもので神戸大震災から16年が過ぎたのですね。大学二年生だった息子が神戸の御影で被災しました。あのときのことを思うと今も胸が騒ぎ涙が零れてきます。息子はおかげさまで怪我一つせずに助かりましたが、息子と同年代の方がたくさん亡くなられました。あの時亡くなっていてもおかしくない状況の中で命びろいをした息子です。命を大事にまた亡くなった方々の分までしっかり生きて人生をおくってほしいと願っています。
    東海地震も近々絶対くるそうです。
    昭和19年の南海地震では近在の集落が津波に襲われたくさんの方が亡くなられたそうです。
    丁度戦時中で報道はされなかったそうですが
    大変な地震だったそうです。
    その集落はそのときの教訓で津波対策は万全だそうです。
    自分のところだけは大丈夫と思ってしまいがちですが、普段からの備えが大事だと思います。
    長々と書いてしまいましたが、明日のことは分からないのが人生ですね。そんなことを思いながら生きているこの頃です。
    次項有
  • 2011/01/26 21:19
    鉛筆紫の上さん
    > モンキーパンチさん
    神戸のときも、ご近所の助け合いがずいぶんありましたし、あの地震をきっかけに災害ボランティアが活発になったとも言われていますし、そしてかのひょこむも・・
    地域の絆の大切さは、みんな身を持ってわかっておられるのだと思います。千葉も地震国・・とても他人事だとは思えませんね。
    次項有
  • 2011/01/26 21:21
    鉛筆紫の上さん
    > 水田さん
    早いですね・・多くの子供たちも心に不安をたくさん持ってしまっていましたね。私の後輩にあたる大学生たちが、ボランティアで神戸の被災した子供たちの夏のキャンプを受け入れていました。
    新潟のときには、神戸の方がいち早く支援の手を差し伸べておられたとも聞きます。自分たちのときにもたくさん助けてもらったからって。
    地域の、そして地域と地域の絆も、とても大事なものですね。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
    ※画像に表示されている文字を入力してください。
■プロフィール
紫の上さん
[一言]
企業を退職して、自由人となり、地域のために役立つ仕事をしようと日々…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み